Towerの折り畳み水切りシリコントレー付きでスッキリ!使いやすいシンクに

水切りをスノコタイプに変えたら、シンクまわりが快適になりました。ほんのちょっとした事でこんなに違うなんて!と。少しストレスに感じていることは良い方向に変えてみるものですね。

目次

シンク広々!Towerの折り畳み水切りシリコントレー付き

良かったところ

  • フラットで見た目スッキリ
  • 調理中のちょい置きに使える
  • 軽い!簡単に手入れや移動できる
  • 使わないときは折り畳んで立て掛けられる
  • 耐荷重4キロ!鍋も水切りOK
  • シンクを広々使えるようになった
  • シリコン付きで安定感あり

これまで使っていた深めの水切りカゴの良さは、何でも全部入れてそのまま置いておけること。置くときの向きもさほど気にしていませんでした。でも、フラットになったことで発見がありました。

食器を見直したくなった

フラットになると、自然と1枚ずつ丁寧に扱うことになります。かごと違って、向きや配置を考えないと置けないから。。

そうなると、夫婦2人でこんなに沢山要らないんじゃないか。何かのスタンプを集めてもらったお皿よりも、ホントに好きな食器を、丁寧にわくわくして使う方が充実するんじゃないか。と考える余裕が出来ました。

使い勝手は?気になるところ

▼私のキッチンより

  • シリコン部分の使い勝手
  • 食器は乾かしやすい構造か
  • シンクにフィットするか

シリコン部分の使い勝手

シリコントレーは細かいカトラリー類を置くのに便利。でも、実際のところ通気性があまりよくないので、翌朝になっても乾いていません。

ここは置き方の工夫が必要。ベタっとおくのではなく、スノコ部分にかかるように置く事で解決しました。(上画像のように)その方が衛生的だし、安定感も良い感じです。

すのこ部分のシリコンは拍子抜けするくらい簡単に取り外せます。挿してあるだけ。お手入れするにも楽でした。

食器は乾かしやすい構造か

▼私のキッチンより

小皿を置くと上画像のような感じ。ただ、スノコ部分の表面は滑りやすいです。だからこそ水分が蒸発しやすいんですけども、大切なお皿は注意。

なので、食器が沢山ある方には向いていません。私はこれまで、メッシュの水切りかごを使っていたので、この隙間には最初なれませんでした。とはいえ、これくらい隙間があるほうが乾きやすく感じますし、お手入れが格段に楽です。

シンクにフィットするか

サイズは2種類。私のシンクにはLサイズで良かったんですが、ちょっと大きすぎました。それでも、なんら問題なく使えています。小さくてギリギリひっかかるよりも、余裕を持っておいたほうが安心感ありますよ。

おすすめ!Towerの折り畳み水切りシリコントレー付き

Towerの折り畳み水切りシリコントレー付きを紹介しました。

私のキッチンはリビングから丸見えなので、シンク周りはスッキリさせたくて選びました。本当に感動もの。フラットなので見た目スッキリ。しかも機能的です。

使いたい時にサッと出して使える。使わないときはコンパクトに畳める。調理中の補助スペースとしても使える。メリットはまだ沢山あります。とっても良い感じです。

これまで私は、ステンレスの水切りかごを使っていました。「まだ使える」という理由で使っていたけれど、つなぎ目やシリコン部分が劣化して、手入れが大変だと感じるようになりました。良いものを長く使うのも大切だけど、見直すとこんなに快適になるんだと。

軽い・機能的・手入れしやすいって、とっても有難いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる