暮らし改善!トイレットペーパーホルダーを好みのデザインへ交換

小さな事でもモヤモヤすることってありますよね。そんな中の1つに「トイレットペーパーホルダー」がありました。思い切って交換したらスッキリ。なんだもっと早くすれば良かったと。

全てを思い描く暮らしにするには、お財布も労力もかかるけれど、小さいことなら迷ってないで行動すべきだな思いました。

目次

簡単!トイレットペーパーホルダー交換

これまで、上画像のトイレットペーパーホルダーを使っていました。

戸建てを購入したとき、備え付けでモトからあったもの。この20年間、特別使いにくいことはありませんでした。でもデザインが好みではない。あぁ・・・アイアン製とか、もっとお洒落なのがいいなぁと日々モヤモヤしていました。

交換しなかったのは「何の問題もなく使えるから」。よく20年間、何もしなかったな!と。今思うと無駄な我慢です。心地良い暮らしに少しでも近づけるため、小さなチャレンジです。

サイズ感が同じなら、取り付け穴もほぼ同じ

いざ交換へ。Amazonや楽天で色んなデザインを見て何とか決めました。アイアンで引っ掛けるだけ、真鍮、ステンレスと色々あったけれど、決め手は以下のとおり。

  • 埃をよけてくれる(上が窓のため)
  • サッと拭けて手入れしやすい
  • ペーパー交換しやすい
  • 白いアイアンがベース
  • 優しい木目調で目に優しい
  • 小物を置ける

交換時の穴が気になったので、交換方法をちょっと調べました。どうやら、取り付け側の素材によって、間に何かかませたり、穴の位置を変えたりする必要があるようです。

今回は、同じネジをそのまま使用できてラッキーでした。私が購入したホルダーは、穴位置は多少変わっても良い構造。製作側の優しさを感じました。

スッキリ!トイレの雰囲気が変わった

たかがトイレットペーパーホルダー。そんなに大袈裟にとらえることは無いんですが、小さなモヤモヤの1つが解消できて満足。ここを毎日触るのです。

交換してほんとに良かったと思います。

当たり前にあるモノを見直す

今回は「トイレットペーパーホルダー」を交換して、気分が上がったよ!という記事でした。

本当は理想のトイレ空間イメージがあるのですが、実現するには壁紙やトイレそのものを交換する必要があるので大掛かりになってしまいます。金銭的にもトイレのリフォームは優先順位が低いので、まずはホルダー交換をしてみました。

たったこれだけの事なのに、気分が上がるんだから不思議です。

日々、当たり前に使っているけれど、実は気に入らない。そんなモノを見直す良い機会でした。

金銭や労力が大きい負担になるような大掛かりな事ならば、叶えるのは大変です。でも、小さな事から実行してみるとモノへの考え方が変わるように思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる