ベランダで活躍!連結できるセリアのミニウッドデッキパネルで簡単に

ベランダのサンダルの置き場所や手入れ、毎回面倒に感じていました。

いっそ、やめたらどうだろうか。試しに、サンダルは掃除の時だけ玄関から出し、毎日の洗濯物干しはセリアのミニウッドデッキの上をちょいと踏む事にしてみました。

目次

便利!セリアのミニウッドデッキパネル

今回ベランダに敷いたのは、セリアのミニウッドデッキパネル

15×15センチの小さなパネル。2枚で100円です。

表面は荒めですが、軽くて扱いやすい木材です。

▼連結してひっくり返した様子

裏側はプラスチックで補強されていて、コンクリートなどの上に置いても木材が傷まないようになっています。こんなに小さいのに、どの面にも連結可能。私はシンプルに、同じ向きに並べてみました。

▼10枚、500円分を並べた様子

たったこれだけの事で、サンダルの出し入れや手入れから解放されました

ベランダに出る目的の多くは、洗濯物や布団干し。乾いている日に使うのだから、このパネルの上も乾いています。乾いたモノの上を数秒乗るだけなら、問題ないように思いました。

「外にあるモノを踏むなんて汚い」と思う方もいらっしゃるでしょう。けれど、出しっぱなしにしているサンダルと大差ありません。

もしも、毎回サンダルが汚れないように片付けている場合は、無理にサンダルを手放す必要もないでしょう。デッキパネルと一緒に使うのもアリだと思います。といういのも、このデッキパネルはとても軽いので片付けも洗うのも簡単。数百円で済みます。

梅雨や真夏も耐えた優秀パネル

梅雨時、炎天下の夏も出しっぱなしにして置いてみました。半年くらいたつけれど、木材が割れることもなく、裏側のプラスチック素材が溶けることもありません。

半年たったわりに汚れが付いていません。隙間が大きいためか、雨で汚れが落ちて流れているようです。

ベランダ用のサンダルを手放す

▲2枚で100円。片足が乗るサイズです。

今回は、セリアのウッドデッキパネルを紹介しました。

ベランダに出るときはサンダルを使うモノという固定観念を取り去ってみました。私の家のベランダは狭いので出来たことですが、もし広かったり、長かったりする場合は難しいかもしれません。その場合、補助的にウッドデッキパネルを使うのも良いなと思いました。

例えば、いつも置いているバケツや掃除道具など、直に置くよりも通気性が良くて便利です。

▲セリアの折りたたみチェアと併用した様子

木材の耐久性はそれほど期待できませんが、底プラスチックのお陰でずいぶん長持ちしています。連結させれば、色んな用途に使えて便利。軽いのでとっても手軽です。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる