もう三角コーナーは使わない!100均セリアの紐付き洗濯ばさみでシンクすっきり

蛇口に紐付き洗濯ばさみを吊るすだけで、三角コーナー変わりに。キッチンの片付けがかなり楽になりました。これが最高に使いやすい!

三角コーナーはとっても便利だけど、使った後に手入れをする時間を考えると非効率。しかも場所を取りますよね。そんなイライラを解消するのが、浮かせて使うタイプ。シンクにマグネットや吸盤で固定するものです。でも、シンク全体をサッと洗えない。

そこでひらめいたのが紐付き洗濯ばさみ。全てのモヤモヤを解消します。

目次

蛇口に紐付き洗濯ばさみを吊るす

上画像のとおり。たったこれだけの事なんです。

私はなるべく白でキッチンを統一したいので、100均セリアで白い紐付き洗濯ばさみを買いました。本来はステンレスの洗濯モノ干しに追加したものなんですが、ここに付けてみたら最高に使いやすい。

1番嬉しいのは「ぬめりが出ない」こと。他にも良い事だらけなんですよ。

ぬめりゼロ!手間ゼロ!で片付ける

  • ぬめりを洗って乾かす必要が無い
  • 口を縛ってゴミ箱へポイで終わり
  • 洗濯ばさみだから軽い
  • コストパフォーマンス良し
  • 気軽に取り換えられる
  • 簡単にシンクを広くできる
  • 調理中、ゴミが邪魔になったら横にスライド

デメリットは口がしっかり開かないこと。ビニール袋がシンクに触れてしまうこと。の2つ。でも、以下の方法で使えば、ある程度解消できます。

ビニールの口を外側に折って使う

ビニールの大きさによるけれど、シンクに付けたくない場合は、こうすると多少は軽減されます。口を外側に折ることで、後で口を縛るときにも楽ですよ。

水分が袋にたまるのが気になる場合は、排水溝用メッシュ袋のパリッとした硬めタイプもおすすめです。ストッキングタイプは使いにくいです。最後、ゴミ箱へ処分するときにビニール袋に入れましょう。

野菜くずは不要な紙に包んで処分

野菜くずは水を吸ってくれる広告チラシなどの上に広げ、終わったら包んでこの中に入れる事で解消。

この方法を使えば、ビニールの口が狭くても問題ありません。しかも、最後はビニールの口を縛るので匂いがかなり軽減されます。匂いや水分が多い場合、上からもう1枚かぶせて口を絞ればOK。夏場でもだいぶ軽減されました。

軽い!手間なし!清潔!はキッチンで最強

年齢を重ねると、だんだん重たいものって苦痛に感じませんか。フライパンでも鍋でも、洗うときによいしょ!って。いやいや、もっと筋力をつけなくてはと思うけれど、他の家事もまだまだあると思うと・・・ね。

キッチンではすべきことが沢山あります。なので、全てを今までのやり方で続けるのは非効率かなと思うようになりました。だから改善できる事は色々とチャレンジしてみる。ココだけは!というツボを押さえて、後は肩のチカラを抜いて楽しく立ちたいですよね。

ちょっとあなた、三角コーナーごときに何を大袈裟なと思う方もいらっしゃるでしょう。けれど、細かいストレスの積み重ねがやる気をダウンさせるのです。

キッチンで軽い・手間なし・清潔というのは最強。これが100円で叶うのですから。良かったら試してみてください。もし合わないなと思ったら、ピンチハンガー(洗濯干し)に付けてピンチを増やしてお使いくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる