アウトドアテーブルを部屋に使う!お洒落で丈夫な仕様を生かしてシンプルに

ダイニングテーブルや机があるのだから、もうテーブルは要らない。トレーで十分代用できる。そう思っていたけれど、ちょっと本や植物を置くのに欲しい・・・。でも、これ以上モノを増やしたくないなぁと思っていました。

そこで、自粛期間が長引いて使っていなかったキャンプ用テーブルを引っ張り出してみたら、見た目も使用感も良い感じ。予想以上に部屋に馴染みました

目次

大型家具を買う前に目的を考える

欲しいと思ってるテーブル、もし大型で重い家具の場合、ちょっと考えてみませんか。

テーブルを使う主な目的は、食事や作業用。あとは無くてもなんとか暮らせますよね。とはいえ、癒し空間にちょっとランプや植物を置きたい。余計な家具だと分かっていても「あったらいいな」と思います。

つまり「絶対に必要」ではなく「あったらいいな」的なテーブルなわけです。生活スタイルが変わって手放したり、違う場所に移動したりする可能性が大きい家具なんですよね。

そうなると、手軽に収納できて丈夫なアウトドア用品、案外向いています。

おすすめ!アウトドアテーブルを部屋で使う

▲DODのテキーラレッグとウリン材

上画像は私のテーブル。キャンプ用のアイアン製フレーム「DODのテキーラレッグ」にウリン材を挿したもの

脚をハの字にすることで安定する設計になっています。アウトドア用なので強度もありますし、 解体するときは板を抜くだけ。 収納場所をとりません

応用が効くフレームで、天板を変えればテントの中でポールを通して使えます。

上画像はテントの中の様子。

まるでお部屋みたいですよね!癒し目的でキャンプをする人が増えているので、以前のように派手な色を使ったデザインは減ってきています。アウトドア用品を家具選びの対象に入れるのもオススメ。

このほか、軽量コンパクトな軽いテーブルもあります。避難用としても考慮したいのなら、サッと持ち運べるタイプも良いですね。慣れればほんの数分で収納できます。

▼キャンプで必ず持っていくテーブル

アウトドア用テーブルの良さ

  • 持ち運べる仕様になっている
  • 日常用として十分な強度がある
  • 軽量コンパクト、火に強いタイプが豊富
  • 室内、屋外両方で使える
  • 避難用として備えられる
  • コレクターがいるので手放しやすい

デザインによって、連結させて大きく使えるモノもあります。

お部屋でも使いたい場合、色や質感を抑え気味にすると馴染みやすいと思います。カーキやブラウン系だと落ちついた雰囲気になりますよ。

アウトドア用品でサステナブルな暮らしへ

▲今回紹介したテーブルをキャンプで使った様子

今回は、アウトドア用テーブルをお部屋に取り入れてみませんか?というお話でした。

テーブルは比較的大きい家具なので、購入するときはアレコレ迷いますよね。インテリア性、利便性、収納を兼ねた棚・・・色々思うものはあるけれど、 災害や避難用にも使えるテーブルを選ぶのもオススメです。

最近のアウトドア用品はお洒落でシンプルデザインがいっぱい。外で使うモノなので、日常生活で使うくらいの強度は十分あります。もともと持ち運んで使う仕様なので、設置や収納も簡単。一石二鳥ですよね。

食卓や作業用には向かないかもしれないけれど、「あったらいいな」と思う癒し家具なら十分に思います。無駄なく身軽に家具選び。

サステナブル(持続可能で耐えうる)な暮らしに取り入れてみませんか?

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる