調味料入れに最適!ニトリEasyレバーキャニスターでしっかり密封スッキリ収納

調味料入れには今までかなり困っていました。昔からある、取っ手が付いたあの入れ物、便利だけれど使いにくかったのです。うっかりこぼしたり、砂糖にアリが入ったり。収納場所をとったり。

ニトリ「Easyレバーキャニスター」はこれらを全て解決してくれました。あぁ・・・やっと調味料入れジプシーから解放された。湿気に弱い砂糖や塩、ゴマ、小麦粉や片栗粉も快適に使えます。

目次

密封と開閉が楽!ニトリ「Easyレバーキャニスター」

▲砂糖とセリアの珪藻土スプーン

レバーを上げるだけで開けられる。ぎゅっと閉める時にチカラがいらない。角が丸い四角形なので取り出しやすいし、洗いやすい。邪魔にならない大きさで収納もバッチリ。料理の能率を上げてくれます。

最初は小さく感じたけれど、これまでが大きすぎたのだと実感。パンや揚げ物の衣などには小さいけれど、普段サッと使う量は多くても大さじ5程度。案外これくらいの方が使い勝手が良いです。

よく使う片栗粉や小麦粉はMサイズ、少ししか使わない塩はSサイズと使い分け。さらに使いやすくなりました。

珪藻土スプーンを計量スプーン代わりにすれば、そのままダイレクトに鍋やフライパンに入れられる。

嬉しい特徴

  • 角が丸い四角形で扱いやすい
  • 片手で開閉できる
  • 虫が入らない
  • 珪藻土スプーンで湿気も遮断
  • 倒しても中身が出ない
  • 3サイズ。調味料により大きさを選べる
  • Sサイズは積み重ね出来る

使用頻度が低い、鷹の爪やからしは袋のまま入れて奥に待機。奥に置いても、サッと取り出せて良い感じです。それから、砂糖にアリが来ていたのですが ニトリ「Easyレバーキャニスター」に変えてからパッタリ来なくなりました。

やはり、サッと蓋が開けられる・しっかり密封・取り出しやすい。この基本動作が出来るって嬉しい点です。

優秀な容器ですが、注意すべき点もありますよ。

気を付けたいこと

  • 本体の耐熱は90℃まで
  • 液体は漏れる場合がある
  • レモン等、柑きつ類は変質する可能性あり
  • 食洗機使用不可
  • 本体の強度はガラスより劣る

液体や柑橘系には向かない。 乾いた調味料やナッツ類などに威力を発揮するという事ですね。

個人的に気になることは、開閉を繰り返すと本体に負荷がかかって割れ目が入ること。1年程度でヒビが入った事があったので、ガラスに比べるとその点は弱い印象。

とはいえ・・・この仕様でSサイズは399円、Mサイズで449円です(2021年10月現在)ヒビ有無に関わらず、1年に1度交換しても十分かなと思います。パッキンもいつかは劣化するものなので。

レビューは高評価

5つ星中4.6と高評価です。

密閉性もよいです。洗う時もフタを簡単に分解できて清潔に保てます。いろんなサイズを買って使ってます。コーヒー、砂糖、塩、、、など。ずっと定番でありますように!

小さいサイズは調味料入れにしています。片手で開ける事が出来るので、片方の手が汚れていても使いやすいです。 また、大きめサイズはドッグ用ドライフードを保管していますが、匂いが漏れるこなく快適に使っています。

家族も使いやすく快適に

▲上画像はMサイズ。4つ並べた様子

本当は調味料を全部引き出しに片付けたいのですが、夫も使うのでワンアクションで取り出せるように並べています。白い蓋が清潔感あって良い感じ。

ラベルは無くても良いけれど、文字と見えている素材の両方で認識する方が早いし、間違いがありません。小麦粉はふるいをかけることがあるので(100均の粉ふるい)、2つに分けています。

料理の能率を上げるニトリ「Easyレバーキャニスター」

今回は調味料入れとして、ニトリ「Easyレバーキャニスター」を紹介しました。

これまで、うっかり倒して中身が出たり、虫が来たり、場所を取ったりと使いにくかった調味料入れが、快適になりました。液体やかんきつ類には向かないけれど、砂糖・塩・小麦粉・片栗粉・ゴマ・乾物類のストックに最適

本体はガラスではないので、ひび割れても破片が出ることがありません。

他の密封タイプは蓋が硬かったり、重かったりで扱いにくさがありました。 ニトリ「Easyレバーキャニスター」は、簡単に開閉・しっかり密封。これが嬉しい。つまみを上げるだけで開けられて、閉めるときも力が要らない。

料理の能率もあがって良い感じ。 S、M、Lの3サイズであり、用途別に使えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる