働き方を見直そう!フルタイム共働きで生活レベルが上がるとは限らない

働く
この記事は約5分で読めます。

私は、フルタイム共働きから専業主婦という生活スタイルに変えた経験が何度かあります。理由は心身的に両立が難しくなったり、会社が倒産したりと色々です。

共働きでもギリギリの暮らしだったのに、私が働かなくなったら生活出来るの!?と不安でしたが、案外なんとかなるものです。

毎日を大事に!自分に合った働き方をしよう

収入アップの為に共働きをしている。けれど、今のままでは家事をうまく回せないし、プライベートがおろそかになってしまう。自分らしい暮らしがしたいと思う方におすすめな記事です。
by おとなん:ブログ・運営者情報

本当に必要な収入と働き方

共働きをする理由は家庭によって違いますね。子供が沢山いて生活費がかさむため、ローンや借金を返済したい、老後に備えておきたい、介護費用のため・・・など色々です。

どんな事情にせよ、本当に必要な収入はどのくらいなのか、そして今の仕事は好きですか。自分に合っているでしょうか。

収入と働き方、もう1度見直してみませんか。

生活スタイルは人と比べない!自分が求める暮らし方で決めよう

私の場合、生活レベルをあげたい!未来の安心感がほしい!といった理由で「出来る仕事」を選んで共働きをしていました。これは、金銭的に緊迫した日々を過ごしている方と比べたら贅沢な理由です。

でも、家庭事情はそれぞれ。逆に、働かずとも一生贅沢をして暮らしていける人もいます。

人と比べて、自分の生活スタイルを変える必要はありません。自分が心地良いと思える暮らしをするにはどうすれば良いのか?という事に注目すべきですよね。

 

【私が共働きをしていた理由】

私の家庭は子無し夫婦です。一般的に「子無し夫婦は悠々自適」というイメージがあって、無理に働かなくたって、夫の収入だけで食べていけるでしょとよく言われます。でも、不妊治療で貯金を使い果たし、老後資金も全くありませんでした。毎回、不妊治療で~と説明したくなかったので「遊ぶお金は自分で作りたいの」などと言っていました。

 

私の場合、フルタイムで共働きをすると家庭がおろそかになりました。

同じフルタイムでも夫は家事を全くしませんし、私の通勤時間が長いために帰宅は遅く、会話する時間も無くなりLINEで伝言する日々。

毎日バタバタと慌ただしい日々が過ぎます。移り行く季節を味わうのが好きな私には、向いていない日常です。

 

帰宅が遅いので平日はスーパーに寄れず、外食やコンビニなどの無駄な出費が増えました。休日は溜まった家事で精いっぱい。作り置きのおかずを作る体力は残っていません。

生活レベルは全く上がりませんでした。

収入は増えたものの、何のために働いているのか分からなくなってしまったのです。

働く理由を根本から考える

何のために、どんな仕事をして働きたいのでしょうか。

社会に出たい、何かに挑戦したいなど、ぶれない目標があれば多少つらくても乗り越えられるはずです。

そうではなくて、例えば「生活費を増やすため」といった場合は、お金のために身を削ったり、心のどこかで今の仕事が向いていないと感じがちです。

仕事にやりがいを感じているか?

「仕事は我慢料」と言われた時代は終わっています。小さなきっかけから、大きなチャンスに繋がるのが現在。変わることを恐れず、新しい仕事に挑戦するのも良い方法です。

金銭的に急に変えることが出来ないのならば、まずは心の中で期間を決めて頑張ってみる。それでも心が変わらないのならば、見直しましょう。あるいは、主婦になる期間を決めてしまう。

 

やりがいを感じないまま走り続けると、無理が出てしまいます。どこかで喉を潤す時間って必要だと思うのです。

私は共働きをやめて一旦主婦になる事で、自分らしさを取り戻し、沢山のメリットを得ました。(その後、自分らしい働き方へ移行しました。詳細はブログ・運営者情報へ)

バランス重視で「生活の質」を高める

  • 無駄な買い物が減る
  • 家族の会話が増えて様々な事を共感できる
  • 自分の癖や欠点がよく見えるようになる
  • インプットが多くなる
  • 在宅している時間を有効に使える
  • お金は工夫次第で増える

 

時間の使い方がガラッと変わって、情報量や考える時間が増えました。要するに「生活の質が高くなった」という事。

手元のお金で何が出来るか、どう使うか工夫する時間が出来たことで、生活レベルが逆に上がったように感じました。

その他、外を歩いると、季節の風や花を感じる心の余裕が嬉しかったですし、疲れて帰ってくる夫を大事に思う気持ちも増えました。

 

忙しく働いていた時には、花を見ても何の感動もなく、夫の疲れ度を知る術がありませんでした。夫が寝ている時間に帰宅していたからです。

なんでもバランス。どんな物事にもプラスとマイナスがあります。

主婦になると世間のイメージが変わってしまう事がありますが、何を言われようと、柳のようにかわしましょう。自分の心は自分だけが知っています。

主婦は暇?時間の使い方次第で可能性は広がる

「主婦は暇」と言う人、いまだに多いですね。

主婦でもできる~とか、主婦の方でも簡単ですとか、主婦は家の事しか出来ないイメージが根強い。私は「主婦でも~」というフレーズが大っ嫌い。

主婦は夫のお金で贅沢をしている、3色昼寝付きで良いとか色々言われています。でも、そうではない方も沢山いらっしゃいます。

 

家族のためにしっかり家事をしているからこそ、夫やお子さん達が伸び伸び外で過ごせるのです。家族の心配をする時間のなんと多い事か。暇な時間などありません。

自分の時間を作り出す工夫をしなければ、結局は共働きと同じ。満たされません。

1日の時間にメリハリを付けて、たった5分からでも良いので自分を解放する時間を作りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました