鴨居原市民の森で野鳥観察はできるのか

鴨居原市民の森、木々とベンチ 野鳥観察
この記事は約2分で読めます。

正月早々、新横浜公園へ野鳥観察しに行ったものの、初心者レベルでは撮影が難しくて不完全燃焼。そこで同じ日の午後、もう少し小さな森へ行ってみました。

冬の清々しい空気を感じながら、夫婦であれこれ言いながら歩けたのは嬉しかったけれど、木々が密集していて撮影は難しい。

「森」は大小関わらず、野鳥観察の難易度は高いようです。

鴨居原市民の森

鴨居原市民の森、こもれびの道と階段

どの地域にもあるであろう、地元の小さな森です。

山桜・コナラなどの雑木に囲まれていて、夏場は太陽高く昇っていても、少しひんやり。歩道はほとんど整備されていて、ベンチもあるので森林浴も出来ます。なかには階段になっていない起伏の激しい尾根道もあるので、わりと良い汗をかけます。

広場では地元のイベントも行われます。

確認できた野鳥

ヒヨドリやシジュウカラは枝の隙間から見える感じで、他の野鳥は確認できず。これだけ茂っていれば、他の野鳥もいるでしょうに撮影はできませんでした。

高い木がズラッと並んでいると、陽射しもあまり届かず薄暗く、なおさら判別は難しい。とはいえ、声だけで認識できたら楽しいはずです。

ただ・・・鴨居原市民の森は、野鳥が水浴びできるような水場が無いということ。これも野鳥を確認できなかった原因のひとつかなと思います。

愛護会の方々に感謝

鴨居原市民の森の案内看板

公園や地域の森は、愛護会の方が活動されている姿をよく見かけます。わたしは何度か鴨居原市民の森へ訪れているけれど、ゴミ1つ落ちていませんし、歩道が朽ちて危ない箇所は見当たりません。

森林インストラクター、樹木医、里山管理指導者の協力を得て活動されているそうです。日頃、愛護会の方の活動があるからこそ、私もこうして安心して森へ入ることができます。

野鳥観察は厳しかったけれど、正月早々、夫婦で森林浴しながら笑って一汗かけたこと、有難いことです。野鳥を見ずとも、また訪れたいと思う森です。

フォトギャラリー

タイトルとURLをコピーしました