生姜を長持ちさせる方法は簡単!皮ごと水に保管して無駄なく使おう

生姜を水に浸けて保管したら、とっても使いやすくなりました。2、3週間たっても問題ありません。 思い立ったときにサッと使えてとっても便利です。

今までは、ラップに包んで保管して腐らせてしまう事もありました。すり下ろしやスライスを、小分け冷凍するのも手間がかかりますよね。ところが長く保管できるようになると、常に冷蔵庫にある状態に。

無駄なく最後まで使い切れるようになりました。

目次

生姜は皮ごと水に浸けて保管

保管方向はシンプル。全体がかくれるくらいの水に浸すだけです。

長持ち!簡単な保管方法

  • 全体を軽く洗ってから保管
  • 密封容器に入れて冷蔵庫
  • 皮はむかない
  • 全体がかくれるくらいの水量
  • 水は2、3日に1度は交換

水に入れた生姜を使った感想

水から引き上げると全体的にしっとり。切口は柔らかくなっています。

そのため、そのまますり下ろすと水分が多い感じに。私は気にせず料理や薬味に使いますが、気になる方は切口を薄くカットすると良いかなと思います。

生姜は新鮮なうちに使い切ろう

今回は、生姜を水につけて保管すると長持ちするよ!というお話でした。

生姜はチューブタイプも便利です。でも、スライス・千切り・おろし、どれを取っても生の方が香りがたって美味しく感じますよね。特に、薬味として使う場合は風味が大きく違います。

ちなみに、生姜の皮はむかずにそのまま使えます。 皮ごとそのままフライパンの上ですり下ろしたりしたり、お豆腐にかけたり、お肉にまぜたり。水からサッと引き上げて、すぐ使えるというわけです。

保管方法は簡単。密封容器に、全体がかくれるくらいのお水に浸して冷蔵庫へ。お水は2、3日に1度は交換してくださいね。1か月程度なら問題なく使えます。生姜は身体を温めて血流を良くする健康野菜。手軽に取り入れてみませんか。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる