ダイソン専用充電ドックってどう?デジタルスリムの純正スタンドを使った感想

ダイソンのデジタルスリムには「専用充電ドック(純正スタンド)」が付属しているタイプがあります。でも、このスタンドが付属しているとお値段が高め。

ホントに必要かな?DIYしたり、簡易的なスタンドで代用しても良いのでは?と思っていたのです。でも実際に使ってみると、やっぱり純正ならでは。とっても使いやすい。

今回は 「専用充電ドック(純正スタンド)」を使った感想を紹介します。

目次

ダイソンデジタルスリムの専用充電ドック(純正スタンド)レビュー

▲純正スタンドで充電している様子

デジタルスリムは現在4種類。本体は全て同じで、付属品の多さだけでお値段が違います。 「専用充電ドック(純正スタンド)」が付属していないタイプは1種類だけ。

立て掛けて、コンセントに挿すことが出来れば良いのですが、実際のところどうでしょうか。

公式サイトでは、デジタルスリム専用の充電ドック(純正スタンド)は販売していませんが、違うモデル用としてそっくりなスタンドは販売しています。お値段は13200円(2021年10月現在)でした。

純正スタンドの使い心地

結論から言うと「純正のスタンド付きを購入して良かった」です。シンプルデザインで見た目すっきり。簡単にセット&充電できる構造で、思い立ったときに使えます。

  • シンプルデザイン
  • 乗せるだけ。出し入れ簡単
  • 確実に充電できる
  • ケーブル内臓!消耗や負担が少ない
  • ウエイト付きの円形台座で安定感あり
  • 購入日から2年間はメーカー保証が適用される

デメリットをあげるのならば

  • 丸い台座なので隙間に設置しにくい
  • 本体が丸見えになる

といった感じ。

とはいえ、台座が丸いために安定感が増しますし、丸見えだからこそワンアクションで出し入れ出来ます。何を優先させるかで、メリットにもデメリットにもなりますね。

では、もう少し詳しく紹介します。

乗せるだけで出し入れ簡単

出し入れする時は、バッテリー部分を入れる(挿し込む)だけ。

掃除に頑張ってヘトヘトでも苦にならない。これ、すごく有難いです。

確実に充電できる

ここにセットすると、バッテリー底にある穴に充電コードを挿し込むことになります。この突起にきちんとセット出来ていないと、充電がはじまりません。

セットした後、充電できているのか液晶で確認できるので安心ですよ。

ケーブル内臓!消耗や負担が少ない

▲裏から見た様子

裏から見ると、ケーブルがポールの中に入っているのが分かります。ケーブルを溝に入れて組み立てます(簡単)。 ケーブルは消耗品なので、なるべく負担をかけず丁寧に扱いたいところ。

動作が簡単なだけでなく、毎回、手でケーブルを抜き差しするよりもケーブルへの負担が少ないのです。 そして、本体を支える部分はゴム製。傷つかないようになっています。

ウエイト付きの円形台座で安定感あり

ヘッドは浮く構造。埃が床に付かず、すっきり清潔。

台座もシンプル。模様やカラーが無いのでどんな部屋にも馴染みます。円形でウエイト付きなので重心が安定するというメリットもあります。

実際、急いで本体を取り出すときにも倒れにくいなぁと実感。スタンドだけになっても倒れません。ウェイト付きといっても、片手でひょいっと持ち上げられる程度の重さです。

デジタルスリムの専用充電ドック(純正スタンド)は使いやすい

今回は、ダイソンデジタルスリム「専用充電ドック(純正スタンド)」の使い心地を紹介しました。

デジタルスリムは4種類中、3種類にこの「専用充電ドック(純正スタンド)」 が付属しています。でも全体的にお値段が高めなので、スタンド無しの最小限の付属品にしようかな・・・と最初は迷いました。

でも、付属タイプにしてみると純正は使い勝手が良いという印象でした。 色は「白」でシンプルデザインなので部屋の片隅に置いても、スタンド自体に存在感はありません。

もう1度、特徴を紹介すると・・・

純正スタンドの良さ

  • シンプルデザイン
  • 乗せるだけ。出し入れ簡単
  • 確実に充電できる
  • ケーブル内臓!消耗や負担が少ない
  • ウエイト付きの円形台座で安定感あり
  • 購入日から2年間はメーカー保証が適用される

といった感じです。

このほか、ポールにツールクリップを取り付けられる良さもあります。

しいてデメリットをあげるのならば、丸い台座。面積が大きめなので、隙間におきたい場合は困るかもしれません。もし、壁に穴を開けて良い場合は、すっきりと壁に付ける選択もアリ。専用ブラケットもありますよ。

どちらにせよ、毎回ケーブルを手で抜き差しするのは接触不良のモト。 スタンドを置くか、壁にかけるかの2択になるかと思います。

専用充電ドック(スタンド)は、純正以外でもあるし、本体を隠せるスタンドも出ています。もし検討するのならば、先ほど紹介した「純正の良さ」を超えるメリットがあるのか?もチェックされると良いと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる